Content-Typeの確認方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

サーバ管理をしていると、サーバ側で出力するコンテンツタイプとアプリケーション側で出力するContent-Typeの不一致が発生する場合があります。

そういう時は、実際にずれ生じているか確認する必要がありますが、最近メインで利用している「Google Chrome Developer Tools」でも確認できます。

方法は、「NetWork」タブを表示させて、サイトにアクセスするだけです。

下記のようにYahooサイトのContent-Typeが確認できます。

yahoo_contenttype.png

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gunmafan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする

LINK

このサーバは、↑で運用してます。

このブログ記事について

このページは、maが2013年4月10日 20:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PHP Fatal error: Call to undefined function mb_detect_encoding()のエラー」です。

次のブログ記事は「Rewriteを使ってURLのリダイレクト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ